クラウド・テクノロジー研究部会

背景

多種多様なクラウド関連技術がオープンソースや製品として出てきているが、「クラウド」という言葉の定義自体が幅広いため、企業内システムでの適用できる領域・効果が分かりづらい。 そこで、クラウド関連技術の幅広い技術の情報収集をおこないつつ、HadoopやNoSQLなどの中で利用可能なものを実際に試用し、それらを使ってプロトタイプを試作してみることで、クラウドを企業内システムで活用するヒントや具体的なイメージを得るための活動を行う。

活動目的

クラウド技術を企業内で利用するためのモデルケースやノウハウを調査、検討、プロトタイプ開発を通して習得し、そこで得た知見を勉強会・調査報告書を通して展開する。

活動内容

  1. 情報収集、事例研究
    クラウド関連の実装や技術に関する情報を収集する。
  2. プロトタイプ作成
    企業内システムを前提としたプロトタイプを作成する。
  3. 勉強会の開催
    プロトタイプを実際に触ってみて、知見を共有する。

活動計画

  1. 2011年10月~12月
    次の研究対象技術の検討・調査
    • 各種ガイドラインとクラウドの適合性について検討
    • 次期プロトタイプの設計
  2. 2012年01月~03月
    調査報告書の作成
    プロトタイプを作成し、関連技術を蓄積
    勉強会を開催し、プロトタイプ作成で得た知見やノウハウを展開
  3. 2012年04月~09月
    協働プロジェクトのプロトタイプ実装

活動成果

  1. 調査報告書
  2. プロトタイプ
    • 設計書
    • ソースコード
    • 環境構築手順書

活動方法

  1. 月例ミーティングの開催
  2. SNS上での情報交換
  3. ハンズオン形式での勉強会の開催

ページ先頭へ戻る