ビジネスAR研究部会

背景

この数年来、スマートデバイスの一層の普及、ウェアラブル端末・VRやセンサーネットワーク(IoT)、生活支援ロボット(AI)への期待の高まりが生じている。このような潮流をテクノロジーの観点で俯瞰すると、人間の感覚(視覚だけでなく聴覚や触覚など)の拡張やITと人間が一体となった(総連携)技術(=我々が考えるAR)の萌芽とみなすことができる。
他方、社会やビジネスの観点では、経済のグローバル化のさらなる進展と同時に、それとは異なる圏域である"Others"(シェアリングエコノミー、ローカル経済、里山資本主義(広域自給自足)、プロボノ等)が勃興しつつあり、世の中に広く影響を与える汎用テクノロジー(GPT)の開発や活用のあり方も新しい局面を迎えようとしている。

活動目的

最先端のAR技術の把握と習得、及び今後の社会やビジネスの変化を踏まえた ARの活用(ビジネスAR)について研究することを活動目的とする。さらに活動成果を発信していく。

活動計画

前述の活動目的を達成するため、下記の活動を行う。

  1. ビジネスARを創出、普及・展開するための考察・議論・グループ活動
  2. AR技術への理解を深めるためのプロトタイプ開発・試行実験
  3. 上記活動を成果物としてまとめ、外部発信の活性化

活動内容

前述の活動目的を達成し、かつ協働プロジェクト「空気を読む家」の実現に貢献するため、2016年度は下記の活動を行う。

  1. 空間OSの開発継続
  2. ダイナミック・プロジェクションマッピング※の技術研究と実装
  3. 1及び2のユースケースや社会実装(普及展開)の研究
  4. 2016-2017 ここ1年のAR関連情報のアップデート
  5. 成果物の整備と公開(「AR百連発2015」「AR産業論2015」)
  6. 成果発表会、外部イベントにおける講演、パブリックコメントやコンテスト等への投稿など

※いわゆるIoT(動画撮影&データ送信)、AI(画像解析、オブジェクト認識)を用いて動的な対象物に対して投影する技術。(http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/mvf/LumipenRetroReflection/...

活動成果

  1. 1)技術トライアル成果物の公開
  2. 2)AR産業論
  3. 3)AR百連発(講演用スライド)

活動方法

  1. 月例会の開催
  2. SNS等を利用した意見交換や技術情報の交換、トライアル開発
  3. 顧問、外部団体・有識者との意見交換

体制 (敬称略)

ページ先頭へ戻る