AITC logo

AITC SNS 運用ルール 1.0

AITC 運営委員会 15 July 2011

Latest version:
http://aitc.jp/sns.html
Editors:
ATIC 運営委員会

概要

この文書は、先端IT活用推進コンソーシアム(以下、AITC)で開設したSNSの運用ルールについて記述したものである。

AITC SNSは、会員間のコミュニケーションの向上により、活動を支援する目的で設置する。 そのため、アカウントは、すべて招待制とし、運営委員による承認を経て作成する。 また、AITC SNSにおいても、各利用者は公共の利益に反することなく、節度ある行動が求められる。 運営委員会、および理事会が、不適切と判断したメッセージやアカウントは、コミュニティ、もしくはSNSの管理者が削除することがある。

この文書の状態

この文書は、SNSの運用に供するために、理事会での承認を経て、公開しているものである。

目次

1 目的
2 サービス
2.1 サイト
2.2 ソフトウェア
2.3 サービスの内容
2.4 サービス時間
2.5 サービスの停止、中断
3 アカウント
3.1 アカウントの作成
3.2 アカウントの設定
3.3 パスワードの管理
3.4 アカウントの削除
3.5 アカウントの強制退会
4 コミュニティ
4.1 コミュニティの作成
4.2 コミュニティの運営
4.3 コミュニティの閉鎖
5 著作権
6 免責事項


1 目的

AITC SNS(以下、本SNS)は、AITCでの各会員の活動を支援することを目的として、AITCの会員間のコミュニケーションの向上を目指して、AITCの会員に対して提供するサービスである。

2 サービス

2.1 サイト

AITCのウェブサイトと同じホストを用いて運用し、そのアクセスURLを「http://sns.aitc.jp/」とする。

2.2 ソフトゥエア

オープンソースソフトウェアである「OpenPNE」をカスタマイズしてサービスを提供する。

2.3 サービスの内容

コミュニティでの掲示板、イベント、および各アカウント向けのメッセージ、日記、レビュー、フレンドの各機能を提供する。

2.4 サービス時間

サービスの利用可能な時間は、24時間/日とする。ただし、2.5で規定した場合を除く。

2.5 サービスの停止、中断

AITCの運営委員会は、以下に該当する場合、利用者の承諾なく、また、利用者への事前の通知を行うことなく、任意に本SNS全体、または一部を変更すること、または中断、停止、終了することがある。

  • 本SNSを提供するホストやネットワークシステム、ソフトウェアなどの定期的、不定期的な保守や更新を実施する場合

  • 本SNSを提供するホストやネットワークシステムが計画停電などによってサービスを停止、または中断する場合

  • 火災、停電、天災などの不可抗力により、サービスの提供が困難になった場合

  • AITCが解散などにより、活動停止となった場合

  • その他、不測の事態により運営委員会がサービスの提供が困難であると判断した場合

3 アカウント

3.1 アカウントの作成

本SNSを利用するには、各会員個人(法人会員に所属する社員個人、個人事業主、特別会員に所属する個人、学術会員および個人会員たる個人)にアカウントが必要である。このアカウントの作成は、以下の手順で行う。

  1. 本SNSのアカウントを持つ会員が、アカウントを作成する会員へ本SNSから招待メールを送信する。 原則として、この送信先のメールのドメインは、会員団体、企業などのドメインのものでなければならない。 ただし、個人会員の場合や、事情により会社のドメインを利用できない場合はこの限りではなく、会員、もしくは会員に準じた資格を有していることが確認できれば、アカウントを作成することができる。 この場合には、招待メールの送信の前に、運営委員会に事情を連絡する。

  2. 招待メールを受信した会員は、メール内に記載されたURLにアクセスし、画面の手順にしたがって、アカウントの作成依頼を行う。

  3. 運営委員がアカウントの作成依頼を受け、アカウントを作成する対象者が、ATICの会員団体、企業などの構成員であるか、それに準じた資格を有していることが確認できた場合にアカウントの作成を承認し、それ以外の場合は拒否する。資格を有しているかどうかの判断は、以下によって実施する。

    • 対象者のメールのドメインが、会員団体、企業などのドメインのものである場合

    • 招待した会員から事前に連絡があり、対象者が会員、もしくは会員に準じた資格(顧問やアライアンス・パートナーに所属する個人)を有していることが確認できている場合

    • 招待した会員に、対象者について確認し、その対象者が会員、もしくは会員に準じた資格を有していることが確認できている場合

  4. 承認された会員は、本SNSにアクセスして、ログインし、自身の属性を設定する。

3.2 アカウントの設定

本SNSの利用者は、「プロフィール変更」と「設定変更」により、アカウントの属性を設定・変更することができる。 この中で、プロフィール中の「実名」には実名を、「会員種別/会社・団体名」には会員種別、もしくは所属する企業・団体の名称を、それぞれ正しく入力しなければならない。

3.3 パスワードの管理

本SNSの利用者は、それぞれ異なるアカウントを持ち、自らのパスワードなどの管理、および利用についてのすべての責任を負う。 また、利用者は、自己のパスワードなどを利用しておこなわれたサービスの使用(第三者による不正、または誤用)に対して、すべての責任を負う。 パスワードは、本SNSにログイン後、「設定変更」画面から変更することができる。 そして、「設定変更」画面の「秘密の質問」と「秘密の質問の答え」を設定しておくことで、パスワードを忘れた場合に、本SNSにログインすることなく、自身でパスワードをリセットすることができる。 しかし、秘密の質問の答えが未設定であったり、答えを忘れていたりした場合は、「SNS管理者 snsadmin @ aitc.jp」宛にパスワードのリセット依頼のメールを送り、リセットすることができる。

3.4 アカウントの削除

それぞれのアカウントは、本SNSにログイン後、「設定変更」画面から「AITC SNSを退会する」によって、ログインができない状態となる。この状態のまま30日経った時点で、SNS管理者がアカウントの削除を実施する。

なお、「退会」によって、その利用者が作成した掲示板のトピックやメッセージ等は保持されるが、誰が作成したものであるかの情報は失われる。

3.5 アカウントの強制退会

運営委員会、および理事会は、以下に示す行為をしたアカウントを、それぞれの会の合意により、強制的に削除することができる。

  • 公序良俗に反する行為

  • 第三者を誹謗、中傷する行為

  • 第三者の名誉、信用を傷つける行為

  • チェーンメールやスパミングなど、他人に迷惑をかけることを目的とした行為

  • 運営委員会、または理事会が、不適切であると判断する行為

4 コミュニティ

4.1 コミュニティの作成

AITCの各部会のリーダ、サブリーダ、および勉強会やプロジェクトのリーダ、運営員会や理事会が指名した利用者は、目的に応じたコミュニティを作成できる。作成に際しては、作成希望者は、SNS管理者にコミュニティ作成を申告し、作成を実施する。

4.2 コミュニティの運営

それぞれのコミュニティには、一名のコミュニティ管理者を設定しなければならない。初期状態では、コミュニティの作成者が管理者となる。また、管理者とほぼ同等の権利を有する一名の副管理者を設定することができる。コミュニティの管理者が、コミュニティを外れた場合は、副管理者が管理者に昇格する。この時、副管理者が存在しない場合は、コミュニティのメンバのうち、もっとも早期に参加したメンバが管理者に昇格する。

それぞれのコミュニティは、そのコミュニティの管理者が、情報の公開範囲の決定や参加者の選定などの運営を行う。

4.3 コミュニティの閉鎖

コミュニティを作成した目的が喪失、または著しく変化した場合は、コミュニティの管理者の意思により、コミュニティを閉鎖することができる。

また、運営委員会、および理事会は、以下に示す行為をしたコミュニティを、それぞれの会の合意により、強制的に削除することができる。

  • 公序良俗に反する行為

  • 第三者を誹謗、中傷する行為

  • 第三者の名誉、信用を傷つける行為

  • チェーンメールやスパミングなど、他人に迷惑をかけることを目的とした行為

  • 運営委員会、または理事会が、不適切であると判断する行為

5 著作権

利用者が作成したAITC SNS内の作成物(メッセージ、日記、レビューなど)の著作権の取扱いは、AITCの会員規約 第50条の3項、4項、5項、6項に従うものとする。

6 免責事項

AITCは、AITC SNSの利用者に対して、いかなる責任も負わないものとする。