2018年8月度 AITCセミナー
「気象データを"R"で可視化してみよう!」

開催案内

2018年7月4日 先端IT活用推進コンソーシアム 会員各位 先端IT活用推進コンソーシアム運営委員会
2018年8月度 AITCセミナー 共催:気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC) 「気象データを"R"で可視化してみよう!(会員限定)」 日時:2018年8月3日(金)14時〜17時30分(13時30分〜受付開始) 会場:気象庁(竹橋)会議室 http://aitc.jp/

前略 今般、気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)との共催により、AITC会員と WXBC会員のための「気象データを"R"で可視化してみよう!」を開催することと なりましたので、ご案内いたします。 本セミナーでは、本年5月11日にWXBC主催で実施された「気象データ分析チャレ ンジ!1日コース(Excel版)」をベースに、"R"を用いて気象データの可視化に チャレンジします。気象データに触れ、可視化することで、気象データの利活用 に気付いていただく機会となれば幸いです。 なお、終了後には気象庁近隣で懇親会を開催いたします。参加者同士の懇親、気 象データの利活用、先端ITに関する情報交換、気象ビジネスに関する意見交換等 の場としてご活用ください。 下記をご参照の上、奮ってご参加くださいますようお願いいたします。                                   草々


共催:気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC) AITCセミナー「気象データを"R"で可視化してみよう!」開催概要 日時: 2018年8月3日(金) 14時00分〜17時30分 場所: 気象庁 5F 大会議室 (千代田区大手町1-3-4 気象庁5階) http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/map.html 目的: 気象データの基本に慣れ、他データを掛け合わせた分析を行い"R"で、可視化で きるようになる。データ分析と可視化に必要な基礎知識・作業を理解し、今後の ステップアップに自ら取り組めるようになる。 対象者: "R"を用いた気象データの可視化の基礎を習得し、気象データ活用の企画・提案 を行いたいAITCならびにWXBC会員の所属員 参加条件: RおよびRStudioのインストール済みPCを持参できること。 インストール方法は、後日、ご連絡します。 <特記事項> 当日13時〜13時45分をR導入サポートタイムとします。Rのインストールが未了の 方はこの時間帯に参加され、本番開始前に必ずRおよびRStudioのインストールを 完了してください。 コース概要: 13:00〜13:45 Rインストール未了の方向け(R導入サポートタイム) ------------------------------------- 14:00〜14:15 (15分)  オープニング 14:15〜14:45 (30分)  気象データの紹介 14:45〜14:55 (10分)  気象データと組み合わせるデータの紹介I 14:55〜16:35 (100分) データ分析の基礎と個人ワーク 16:30〜16:40 (10分)  休憩 16:40〜17:00 (20分)  回帰分析の基礎 17:00〜17:15 (15分)  気象データと組み合わせるデータの紹介II 17:15〜17:30 (15分)  クロージング (アンケート記入、記念写真) 終了後の18:00〜20:00で懇親会を開催 講師: 荒本 道隆様(AITCクラウド・テクノロジー活用部会リーダー、                          アドソル日進株式会社) 分木 恭朗様(気象庁情報利用推進課 気象ビジネス支援企画室 調査官) 募集人員: 30名。うち、AITC会員枠として 15名(先着順) 参加申し込み方法: 下記のconnpassページからお申し込みください。 https://aitc-seminar.connpass.com/event/92678/ 締め切り:7月30日(月) 17時
以上
---------------□■□
先端IT活用推進コンソーシアム事務局
e-mail: staff@aitc.jp
□■□---------------

ページ先頭へ戻る