第二回 ARセミナー

ご案内

2011年06月07日 先端IT活用推進コンソーシアム 会員各位 先端IT活用推進コンソーシアム運営委員会    〃   AR分野活動発起人一同
【急告】
「第二回ARセミナー~AR(拡張現実)の応用事例について~」
Ustreamによるライブ映像配信のご案内
前略 第二回ARセミナーの開催を明日に控え、Ustreamによるライブ映像を配信についてお 知らせ申し上げます。 ライブ映像の配信は、当日、会場までお越しになるのが難しい会員様のために実施 するサービスです。 どうぞ、ご都合にあわせ、会場外でも、本セミナーをご覧く ださい。 アクセス方法については、会員窓口である連絡担当者様にお知らせしております。 法人会員の皆様には、お手数でも、連絡担当者の方にお問い合わせくださるようお 願いいたします。 また、当日はTwitterによる、ご意見やご質問もお受けしますので、是非ご活用くだ さい。 Twitterハッシュタグ: #aitc お陰さまで、多数の方からお申込みをいただいておりますが、まだ座席にゆとりが ございます。 会場でしかお聞きになれない講演もございます。ご都合のつく方に は、是非、ご来場いただけますよう併せてお願い申し上げます。 皆様のご参加をお待ちしております。                                    草々                    記 ●ライブ映像配信日時:2011年6月8日(水) 13時30分~17時20分(予定) ●内容: 13:30 オープニング     「先端IT活用推進コンソーシアムにおけるARへの取り組みについて」 13:40 「拡張現実の活用と展望」     日本ユニシス株式会社 総合技術研究所 先端技術ラボ研究員 中川 靖士 様     講演概要:日本ユニシスが拡張現実に関して、いままでに取り組んできた         実証実験と今後の展望についてご紹介します。      ・実証実験のご紹介      ・拡張現実で三次元空間を探索する新たなアトラクションの提供         「目玉おやじロボットを用いたデジタル妖怪探し」      ・「手ぶら」で「懐かしさ」を感じる観光支援サービスを検証          拡張現実で観光客の満足度を高め、観光地に人の流れを作るサービス      ・ケータイとQRコードを使ったメイドカフェ検索システム          来店者とリピータの増加について      ・今後の展望について 14:20 「AR BOOK ~ARとUI~」     NECソフト株式会社 ITシステム事業部 森下 幸司 様     講演概要:次世代の電子書籍を目指しプロトタイピングしましたAR BOOK(仮称)          のご紹介と開発意図などのご説明を通じ、ARがUIにもたらす可          能性や展望についてお話します。 ===中継中断=== 16:20 「防災ARの試みと今後の可能性について」     総務省 消防庁 消防大学校 消防研究センター 技術研究部          地震等災害研究室 室長 細川 直史 様     講演概要:地震・津波や火災などの災害時には、避難などの防災行動が適          切にとられる必要があります。その判断や意志決定のためには、          災害に関する事前の知識や 緊急時の防災情報の提供も適切に行          われる必要があります。ARは、様々な場所や状況における情報          提供技術として、人々の防災知識の普及やその理解度向上など          においても、今後期待される新しい技術です。今回は、防災AR          の応用実験と今後の可能性についてご紹介します。 ===この講演をもって中継終了の予定=== ●補足: ネットワーク状況や機器の都合で、中継できない場合もあります。  また、質疑応答を含む講演者との座談会は、中継対象外となります。  予め、ご了承の程をお願いいたします。 ----------------□■□ 先端IT活用推進コンソーシアム事務局 e-mail: staff@aitc.jp □■□----------------
以上

ページ先頭へ戻る